ポルゼンヌのゲーム製作 ホーム »
最近の記事

トップページ  

製作したフリーゲームのまとめです


新入り魔王
screenshot.jpg
魔王城に召喚された魔王が3日後にやってくる勇者を倒すために、時間を巻き戻したり住民と仲を深めたりするARPGです。
リアルタイムで時間が経過し、城内を歩き回る住民に話しかけたりプレゼントをして好感度を上げ、一緒に戦うなどしてダンジョンを攻略したりします。時間が巻き戻る次元の日記というアイテムをいつ使うかが重要です。
プレイ時間は5~15時間程度です。

前向き勇者
魔王の呪いにより方向転換ができなくなった勇者が元に戻るために奮闘するARPGです。
方向転換ができないので目の前のオブジェクトしか調べることができませんし、後ろにいる敵に攻撃することもできません。
終始コミカルテイストで突っ込みなどは一切ないまま進んでいきます。
プレイ時間は1~2時間程度です。

小林クエスト
名字の格で強さが決まると言われる世界で勇者小林が大魔王大森を倒すために旅に出るARPGです。
小林さん、林さん、中林さん、小木さん、大木さんなどはゲーム内で格が低いとされており、著しく気分を害する恐れがあるのでプレイしない方がいいです。
プレイ時間は1~2時間程度です。


製作したゲームに関する感想、バグ報告などは掲示板、もしくはメールフォームからお願いします。


category: 未分類

tb: 0   コメント: --

フリーゲームの需要と供給について  


フリーゲームにおいて、プレイヤーの需要と実際の供給にどれだけ差があるか気になったので、Twitterでアンケートを行ってみました。その結果、プレイヤー用198件、作者用141件もの回答を頂けました。
今回はその結果のまとめと考察をしようと思います。
作者の方々にとって、需要はあるのに供給が少ないゲームを模索する手掛かりになればいいなあと思います。

※私が作成したアンケートですのでRPG寄りになってしまったのと、全体的に分かり辛いアンケートになってしまいました。
小さい点には目をつぶって見ていただければ幸いです。

一応アンケート結果のリンクはこちらです。
プレイヤー用 作者用

橙色が作者のアンケート結果、青色がプレイヤーへのアンケート結果になっています。




Q1.好きなジャンルと製作したジャンルについて

ジャンル

プレイヤーの回答はRPGが半数近くを占めました。次いでアクションゲーム、シミュレーションゲームが人気となりました。
作者が製作したことのあるジャンルでもRPGが多数なものの、プレイヤーの需要ほど多くはありませんでした。
また、特にノベルゲームが需要に比べて供給が多いという結果になりました。
両者共にホラーゲームが私の想像より少なかったのですが、このアンケートはTwitterで行ったこともあり比較的私の周囲の方々が多いのでその影響があるのかなと考えています。



Q2.好きな戦闘形式と製作した戦闘形式について

戦闘形式

戦闘時の視点がどこからが良いかの問いなのですが、少し分かり辛い質問になってしまったと反省しています。
プレイヤーの回答ではフロントビューが最も多いですが、それに大きな差をつけずにサイドビューが多数の票を獲得しました。
一方で作者の製作ではサイドビューに倍以上の差をつけてフロントビューが最多票でした。
これはツクールやウディタの基本システムがフロントビューであることが影響していると考えられます。
また、サイドビューやクォータービューは必然的にキャラクターの動作が必要になるので、グラフィック面での障壁があるのかもしれません。



Q3.好きなエンカウント方式と製作したエンカウント方式について

エンカウント方式

結果に大きな差が出た項目です。製作したエンカウント方式はほぼ同数になりましたが、プレイヤーの回答では3倍近い差をつけてシンボルエンカウントが人気でした。
プレイヤー視点ではシンボルエンカウントが多く望まれているということが明確になりました。戦闘するかしないかをプレイヤー側から選択できることが大きな利点になっているのだと考えられます。
作者側がランダムエンカウントが多いことについてはやはり基本システムの影響や、ランダムエンカウントの方が比較的作りやすいことが起因していると考えられます。



Q4.好きなゲームの特徴と製作したゲームの特徴について

特徴

プレイヤーの回答では王道ゲーが最も多く、次いで雰囲気ゲー、やり込みゲー、シリアスゲーという結果になりました。
一方作者の回答は雰囲気ゲーが最多票で、その後にほのぼのゲー、王道ゲー、シリアスゲーと続きました。
王道ゲーはそう呼ばれるだけあって人気が高いですが、作品数自体はそれほど多くないのかもしれません。
また、やり込みゲーは需要は高いものの、製作にかかる労力からか供給は少なめという結果になりました。



Q5.好きなゲームの時代と製作したゲームの時代について

時代

プレイヤーの回答ではおよそ半数が中世という結果になりました。一方で作者の回答は現代が最多票を獲得しました。
素材の量という面では中世が作りやすいと考えていたので、個人的に意外だった結果の一つです。
色々な理由が考察できますが、中世ベースの作品を作るには多少なりとも当時の知識が必要になるので、その影響もあるのかなと考えています。



Q6.好きなシナリオ形式と製作したシナリオ形式について

シナリオ

好きなシナリオ形式においてはマルチシナリオが最多票を獲得しましたが、作者の回答では一本道シナリオが一位でした。
マルチシナリオな作品を製作するには労力がかかりますし手腕が問われますが、プレイヤーとしては選択肢があるゲームがしたいという思いが強いのだと考えられます。
周回制シナリオはプレイヤーの回答では少数になりました。プレイヤー目線では同じ作品の周回は好ましくないということなのかもしれません。



Q7.好きなセーブ方式と製作したセーブ方式について

セーブ方式

プレイヤーの回答ではおよそ3/4がどこでもセーブ、作者の回答でもおよそ半数がどこでもセーブとなりました。
作者目線で考えるとどこでもセーブはリセゲーを許してしまう可能性があるので難しいところですが、やはりいつでも中断できる環境を求められているのだと考えられます。



Q8.好きなプレイ時間と製作したゲームのプレイ時間について

プレイ時間

興味深い結果になりました。プレイヤーの回答では3~5時間が最多で、次いで1~2時間、20時間以上となりました。
一方で作者の回答は1~2時間が最多で、プレイ時間が増す毎に割合が減っていきました
特に大きな差が見られるのが20時間以上の項目で、需要15%に対して供給は4%しかありません。
プレイヤーは比較的長いプレイ時間のものを求めている一方、作者側としてはかかる手間の面から長時間のゲームは難しいのだと考えられます。



Q9.好きな難易度と製作した難易度について

難易度

プレイヤーの回答ではやや難しいが最多票、一方で作者の回答ではやや簡単が最多票となりました。
また、簡単なゲームの需要は4%しかないのに対し、自作ゲームが簡単だと考えている人は28%という結果になりました。
プレイヤーは歯ごたえのあるゲームを求めていますが、作者視点だと難しいゲームは投げられてしまうのではないかという思いがあるのかもしれません。



Q10.好きな操作方法と製作した操作方法について

操作方法

プレイヤー、作者共にキーボードが最多票となりました。
また、特にマウスは需要より供給が多く、マウスでの操作はそこまで人気ではないという結果になりました。



Q11.プレイと製作において最も重要視すること

最も重視するもの

プレイヤー、作者共に物語が最多票となりました。やはり物語を目的にしてフリゲをプレイする方は多いようです。
この項目に関しては大きな差は生まれませんでしたが、物語だけが需要に供給が追い付いていないという結果になりました。
ゲーム作者としては物語よりもシステムや画像音声、遊びやすさに力を入れることが多いのかもしれません。



アンケート結果は以上です。
全体を通して感じたことは、プレイヤーは思った以上に王道RPGを求めているということです。フリーゲーム作者達は新しい作風を模索するあまり王道RPGをあまり作らなくなったのかもしれません。
また、作者側は比較的作りやすい方式に流れがちな点が見受けられました。サイドビュー戦闘やシンボルエンカウントやマルチシナリオはとても手間がかかりますが、プレイヤーからは確かに求められている事が分かります。
プレイ時間、難易度に関してはプレイヤーと作者の差が如実に表れたなと感じました。長時間、高難易度のゲームは投げられてしまいがちなので、作者としては最後までプレイしてほしいという思いが強いのだと考えられます。

アンケートについては思っていたより多くの投票を頂けて非常に嬉しい反面、もう少し良いアンケートにできたなあという思いもあります。
もし次に作る機会があれば、もっと製作の参考になりそうなアンケートにしたいです。
投票頂いた方々、ここまで読んで下さった方々、ありがとうございました!


最後に、需要と供給のバランスを考えて絶対に人気が出る作品の謳い文句がこちらです。
中世が舞台の王道やり込みRPG!シンボルエンカウントのサイドビュー戦闘!ストーリー重視で20時間以上ありマルチシナリオ!

労力が凄そうですね。

category: 考察

tb: --   コメント: 2

難易度選択について  


Twitterで難易度選択についてのお話が流れてきて気になってアンケートを取った結果、このようになりました。


いつでも難易度変更可能が人気。とはいえ実際にいつでも難易度変更できるゲームは意外と少ないように感じます。
実際のところ難易度選択ってどうなんでしょうか。少し考察してみました。


■難易度選択なしの利点
・作者が想定したままの難易度でプレイして貰える
・難しいボスやイベントを苦労してクリアした際のカタルシスが大きい
・バランス調整の工程が少ない


ゲームの難易度に緩急があるのは一概に悪いと言えないと思います。
比較的簡単なところ、難しいところがあるからこそ難所を突破したときの喜びは大きいと言えますし、ずっと平坦だと印象に残るところが少ないとも言えます。
難易度選択なしの場合いくら難しくてもその難易度で突破するしかないので、クリア時の達成感も大きい一方、難しくて嫌になる可能性も高いです。

■難易度選択なしの欠点
・プレイヤーの望む難易度に合わない可能性が高まる
・最後までプレイして貰えない可能性が高まる
・バランス調整をより慎重に行う必要がある


万人にとって丁度良い難易度は存在しません。一つの作品を取ってみても、難しいと言う人もいれば簡単だと言う人もいます。
ストーリー重視の場合など最後までプレイして貰うことに重きを置いている場合はプレイヤーに投げられるリスクが高まることがよりマイナスだと考えられます。逆に戦闘重視の場合に極端な難易度変更が出来てしまうと戦闘の良さが失われる可能性があります。
バランス調整の工程自体は少ないですが、難易度選択は言い換えればプレイヤーに調整してもらえるとも言えますし、それが出来ない以上より綿密なバランス調整が求められます。


■最初に難易度選択ありの利点
・プレイスタイルに沿った難易度を選んで貰える
・二周目以降のゲームを一周目とは違ったテイストで楽しめる
・難しい部分だけ難易度変更するなどの少し狡い方法が使えない


ゲーム自体が苦手な人、マゾいゲームが好きな人などプレイスタイルに合わせられるのが一番の利点です。また、難易度変更出来る場合は周回プレイがより楽しめるとも考えられます。
いつでも難易度変更できるシステムに比べると、突破に際する強制力は高いのでクリア時の達成感は高いです。

■最初に難易度選択ありの欠点
・HARDを選んだ場合のメリットの付け方が難しい
・差を付けない場合、HARDを選ぶ意味がなくなってしまう
・結局はやってみないとどの難易度が自分に一番適しているか分からない
・クリア後のやり込み要素との相性が少し悪い


一番苦労するのは難易度変更時のメリットとデメリットの調整だと思います。よくHARDの場合は経験値やドロップ率が多いという作品がありますが、そうなるとEASYが選びにくくなってしまいます。そうでなくてもHARD限定アイテムや限定イベントなどがある場合もやはりEASYは選び辛いでしょう。
個人的には本当に小さな演出や台詞などの違いが好きです。効果のないトロフィーとかも丁度良いように感じます。一周が短かったり引き継ぎシステムがあるなど、周回プレイの敷居が低い場合は大きな差を付けても問題ないかもしれません。
また、結局はやってみないとどの難易度がベストなのか分からないので、始めてからこの難易度にするんじゃなかった…となる可能性もあります。そのため各難易度に対するプレイヤーのイメージから大きくズレないようにする必要がありバランス調整は案外難しいと考えられます。


■いつでも難易度変更可能の利点
・プレイヤーの好みに沿った難易度を選んで貰える
・難しくて投げ出される可能性が低い
・バランス調整が比較的容易


最初に難易度選択式ではあくまでプレイスタイルに沿った難易度でしたが、今回は完全に好みに沿った難易度を選んで貰えるというのが大きな利点です。とりあえずNORMALでプレイしてみて、難しいと感じたらEASYに、簡単に感じたらHARDにするなど応用が利きやすいからです。プレイヤー側で難易度の調整がしやすい分、作者側のバランス調整にはある程度の許容ができます。

■いつでも難易度変更可能の欠点
・メリット、デメリットの付け方がより難しい
・難しい場面に遭遇したとき、解法を探るのではなく難易度を下げることで解決されてしまう
・一度簡単な方に変えた場合、後で難しい方に戻すことが億劫


HARDを選んだ際のメリットに関してはより難しくなります。いつでも難易度変更できるとなると必然的に各戦闘毎の報酬に差をつけることになりますが、先述のように経験値やドロップ率は変え辛く非常に難儀です。
クリア時にどの難易度で一番プレイしてたかで判定する手などもありますが、窮屈に感じてしまう可能性があります。
結局は殆ど差を付けないという形に落ち着くことが多いように思います。そうなると今度は強敵に遭遇した際、頑張って解法を探るよりも難易度を下げた方が早いという事態に陥ってしまいます。


色々と考察してみましたが、どの手法も一長一短で一概にこれが良いとは言えないことが分かったのではないでしょうか。商用ゲームでも難易度選択に関しては多種多様な現状ですし当たり前のことかもしれません。
結局のところ自作品でどこを重視するかが一番のポイントかと思います。戦闘重視で想定した難易度でプレイしてほしいなら難易度固定、ストーリーや画像音声重視で戦闘はその賑やかしだとしたらいつでも変更可、周回プレイ前提の調整だとしたら最初に難易度選択、などという風に意図に沿ったシステムにすることがベストだと考えられます。

HARDのメリットに関しては色々と考えられますが、周回プレイを見据えていないのなら NORMALでは物足りないという人だけが選ぶような仕様で問題ないと思います。AIパターンが変わったり会話が少し変わったり。Twitterではボスがカットイン技を使ったりエンディングでHARDクリアであることを明記するなどの例が挙がっていましたが素晴らしいアイディアだと思います。

私はとにかく難易度調整が苦手ですし、こういった話は意識していかないといけません。とはいえ現状難易度選択に関しては入れるとしてもクリア後に少し難しいモードを選べるくらいで良いかなと考えています。


category: 考察

tb: --   コメント: 2

またうでぃおふ行ってきました  



お久しぶりです。一年ぶりの更新になってしまってすみません。というかただオフ会の感想書くブログになりつつありますが、製作は一応少しずつ進んではいますのでそのうち進捗状況載せれたらなと思います。

記憶を頼りに書くので間違っているところなどあったらごめんなさい。こっそり教えて頂けるとありがたいです。それと1日目は帰宅後に軽くまとめたのですが2日目はそのままダウンしてしまったのでかなり雑な内容です。


〜うでぃおふ1日目〜

■荷物検査
9時30分頃、チラホラと会場に着いておられるツイートを見て出発、六本木駅に着いて会場に向かおうと壁の地図を確認していると警備員数人に声を掛けられて「ちょっと持ち物検査よろしいでしょうか?」そんな怪しい人に見えたでしょうか。
鞄の中身や服のポケットを確認されている様子を道行く方々に何事かと眺められてプチ犯罪者気分。
でも最終的に道教えてくれたとても優しい警備員さん方でした。

■会場到着
うでぃおふに参加するのは初めてではないとはいえ今回はかなりの大人数、しかも界隈で有名な方が何人もおられて恐縮していたのですが、会場に着くとふつかさん、石油さん、ひろまさん、tohさん、ベルビィさんなど以前のうでぃおふで見知った仲の方だけがおられたのでホッとしました。
冊子に穴を開けたり紐を結んだり椅子を並べたりと会場の準備を行っていると段々人が集まって来られました。コミュ障な私はtentoさんやcoinさんやぴけさんなどの以前会ったことのある方とばかりお話していました。
石油さんとコンビニに行き昼食アンド気分転換。飲み物を買い忘れたので石油さんぴけさんと創造神司さんと再度コンビニへ。創造神司さんのツクールDSのゲームを見せてもらうなどしました。
記念に何か描こうということになってcoinさんのスケッチブックとtentoさんのキャンパスノートに全員で夕一を描いていったのですが流石は製作者、皆さんとても絵が上手でした。しかしながらまともに夕一と呼べそうなものは半数未満…ウディタリアンにとって夕一のイメージはどうなっているのでしょうか。

■うでぃおふ開始
プログラム開始の時間になったのでスクリーンに司会のひろまさんがスライドを流してオープニング開始。軽く冗談を交えながら紹介や説明をして頂きました。最初ひろまさんが緊張されていたように見えましたが、今考えると場を和ますために敢えてやったのかもしれません。

■アイスブレイク
オープニングの次はアイスブレイク。まだまだ固い参加者同士、氷が溶けていくように打ち解け合おうということで他己紹介をすることに。
まずは2人組になってそれぞれ自己紹介。私は隣にいたtentoさんとペアになりました。反対側の石油王さんとペアになったらろくな紹介をして貰えなそうなので助かりました。
tentoさんとは以前のうでぃ飲みで既に面識がありますが、改めて製作している作品のことや趣味のことなどお聞きできより深く知ることができました。

次はあるぅさんと西崎さんと4人で他己紹介。私はtentoさんのことを、tentoさんは私のことを紹介しました。あるぅさんと西崎さんのことも知れましたし質問もできて楽しかったです。場も結構盛り上がって全体的に楽しげな雰囲気。

ここでSkype勢の自己紹介をして頂き、あのウディタの教祖SmokingWolfさんが聞いておられていることを知りました。変なことを言うと公式サイトアク禁になるのではと身が引き締まる一同。他にも気になるお名前の方が何人もおられまして是非次の機会では実際にお会いしたいなと思いました。

練習もできたということでいよいよその後全員に向けて他己紹介。皆さま個性的でユーモラスで即興の他己紹介のはずなのにとても面白かったです。神とか王とかが沢山いて出雲大社みたいでした。実際に雲の上の存在だったような方が何人もおられて実在したんだ…みたいな気分になりました。紹介が終わった後のひろまさんの簡易まとめが良い塩梅になってました。
最初他己紹介と言われた時かなり不安でしたが、結果的に楽しく打ち解けられてアイスブレイクはナイスな企画でした。

■ライトニングトーク
次の種目はライトニングトーク。パワポをスクリーンに映したりしながら伝えたいことを3分で発表する企画です。私も発表したのですが、元々5分のつもりで作ってしまい時間が足りなくてかなり省略してしまったのと少し真面目すざたかなという点を反省しています。発表したスライドを見たい方はこちらからどうぞ。
ライトニングトーク発表スライド

特に印象に残ったのはまっとさんの駅紹介と油さんの茶番とねくらさんの「マップがないなら作れば良いじゃない」、ハトヤさんのベース探し、ひろまさんの涙溢れるうでぃおふの歴史です。20人くらい発表者がおられたので流石にあまり覚えていませんが、他にも面白かったり為になる発表の方ばかりでした。

■休憩時間
休憩時間にはなすーさんがねくらさんの新しいマップチップを使ってリアルタイムでマップ製作をしておられていました。ワクワクするマップをハイスピードで作っておられて凄かったです。ここにアジトとか宝箱ありそう感は笑いました。普段お世話になりまくっているねくらさんから直接マップ作りのありがたいお話をお聞きできてとてもためになりました。素材作者本人ですし説得力が物凄かったです。あとアカリさんとイベント作るの辛いみたいな話した記憶があります。
その後あるぅさんの次回作を見たりSRPGをプレイさせて頂きながらその処理の話を聞いたり、早川さんにエフェクトについてのお話をして頂いてウディタ使いこなしたらこんなエフェクト作れるんだと驚嘆させられたり、あたりめさんに失礼すぎるサインをしてしまったり、石油さんときのきのさんとあたりめさんと二次会に備えて梅酒を買いに行ったりしました。

■二次会
二次会では石油さんやきのきのさんと買ってきた梅酒を飲んだりワレヨンさん達と千葉県の話をしたり石油さんやひろまさんと今年の秋短いとかおたふく風邪辛いみたいな1ミリもウディタ関係ない世間話をしたあと、ペアを組んで8切りと革命限定の大富豪で盛り上がりました。途中から2セット入りになってカオスでした。私はずっと平民だった気がしますが上がった時には大喜びしてました。

他にもブラックストーリーズというYes/Noで答えられる質問だけで事件の真相を探るアナログゲームをしてました。私はこのゲームをしたことがありまして殆どの答えを知ってしまっているのでGM側で参加していました。
前半はcoinさんがちょくちょく良い質問をしていて後半はまっとさんがひたすら無双していた記憶があります。

その後はあたりめさんが持ってこられたゼルダの4人プレイゲームで石油さん、どらおさん、あたりめさん、きのきのさんと遊びました。トライフォースを制限時間内に集めたり奪ったりし合うゲームで、操作も直感的で初心者でも楽しめる内容でした。序盤制してヘイト買ってボコボコにされる展開多かったですが凄く盛り上がりました。なんだかんだ全員1回ずつ勝って平和に終わりました。絶叫しまくってた記憶があります。

最後はひろまさん、ふつかさん、石油さん、まむ9さん、ぴけさん、どらおさん、あるぅさん、ハトヤさんとワンナイト人狼で遊びました。
最初私が怪盗で人狼とすり替えたのですが、占い師がおらず怪盗が名乗り出なくても人狼が人狼COしなかったので、人狼が実質3人いる超有利状況。場を誤魔化せば勝てると思って質問しまくってたらふつかさんが「ポルさんは以前も一緒にやったはずなのに聞きすぎてて怪しい!」その発言で見事に吊られてしまう。悔しすぎました。
他に印象に残っているのは全く情報がない村で挙動不審で怪しいということで突如疑われるひろまさんが「人間は嘘をつくときに無意識に癖が出たりする。今回のどらおさんとハトヤさんのように」と一言(意訳)。結局ひろまさんは吊られてしまうがカードを捲るとまさにその2人が人狼。メンタリストも仰天の推理力でした。
基本的にはどらおさんが初心者を偽って人狼サイドで無双してたイメージがあります。まさにリアル人狼。そして石油さんは見事全敗の偉業を達成。
最終的に民宿泊まり勢に混じってワイワイ0時まで遊んでしまいました。民宿勢と別れ、ネカフェに泊まるらしいまむ9さんと楽しかったねと話し合いながら帰宅しました。自作をプレイして頂いたことがあるらしくとても嬉しかったです。


〜うでぃおふ2日目〜

■フリータイム
帰宅が遅かったのもあり寝坊して少し出遅れてしまう私。石油さんからのクソリプを横目に急いで出発。
到着すると既にスマブラ組と人狼組で別れて楽しんでいました。スマブラに参戦させて頂きますが8人のカオスぶりとアイテムの暴力で何もする間も与えられず奈落行き。ここまで大乱闘という言葉がしっくりきたのは初めてでした。あるぅさんのクラウドがやたら強かったです。
次にワンナイト人狼。「ポルさん村人?」「ガッチガチの村人です」からのガッチガチ人狼で全ての信頼をなくし常に疑われるハメに。そして大富豪で楽しんでからゼルダリベンジ。キャラ名になってしまったどらおさんの本名を叫びまくってました。初心者のはずのまむ9さんが序盤上手く影を隠して終盤一気に持っていく。確実にアサシンの血が入っている。
その後は全体的にメンタルが弱すぎるブラックストーリーズをやることに。GMサイド面白いのですが際どい問題に答えるのや上手くヒント出すのが難しかったです。一緒にGMやって頂いた石油さんどらおさんきのきのさんには謎の親近感を覚えました。Rttさんとアカリさんと八百雨さんの謎の質問の鋭さと圧倒的に情報少ない状態でゆーたろさんが見事言い当てたのが特に印象に残ってます。
片付けでは石油さんが1人で場をまとめてくれました。二次会の会場探しでも尽力してくれて感謝しきれません。

■二次会
ここでうでぃおふの日程はひとまず終了。運営の3名様本当にお疲れ様でした!残りは二次会ということで新宿まで移動することに。
移動中はアカリさんやぴけさんとお話してました。先導する石油さんがちょいちょい立ち止まって着いてこれているか確認していたのが素晴らしかったです。
二次会の飲みではアトハさん、ぴけさん、K-shin、まむ9さん、tohさんと同じ席。途中からぴけさんと入れ替わりで棒人間さんが。ウディタや製作の話の他にもゲーム専門学校の話や会社の話など普段滅多に聞けないようなためになる話、異なる環境のことを聞けてとても良い経験になりました。

■カラオケ
二次会の最中にカラオケ良いよねという話になって二次会終わったらカラオケ行こうよということに。三次会勢、女子会勢、カラオケ勢に分かれました。私はアトハさんK-shinさんまむ9さんtohさんと一緒にフリータイムでシダックス。
皆さんかなりカラオケ行ける口で凄く盛り上がりました。まむ9さんの驚異的な上手さ、K-shinさんの抜群のビブラート、アトハさんの圧倒的声域、tohさんの選曲やホラー要素など笑いどころも沢山あり、最初は終電前に帰るつもりでしたが帰りたくなくて全員でオールすることになりました。
朝までひたすら水を頼みまくる迷惑な客。何度も5杯ずつ頼んでいたらついにコップからジョッキに変わり、更に頼んでいたらついにピッチャーが届いて笑いました。
途中三次会が終了した石油さんが合流して謎のDJを始めるなどというハプニングもありながら、最終的に8時間半もの間100曲以上歌うという暴挙。始発の時間になってようやく新宿駅に向かいました。改札前、ガラガラになった声で精一杯ありがとうございましたと伝えて名残惜しくもお別れ。とても楽しい思い出になりました。


■少しだけ心残り
時間の都合上ワンナイトが多めで普通の人狼ができなかったこと、お泊まり組が楽しそうだったので泊まりたかったこと、アカリさんが持ってきた?ワンスアポンアタイムが楽しそうでしたが結局できなかったことが少しだけ心残りです。
一番後悔したのは名刺を作らなかったことです。会話のきっかけにもなりますし思い出して頂けますし、こちらが名刺を欲しいときにも何も渡さずいきなり下さいと言うのは躊躇われました。

あと今回あまりに人数が多すぎてあまり交流できなかった方が何人かおられたのが悔やまれます。特にワレヨンさんとぺりかんさんとなすーさんは作品をプレイさせて頂いたことがあって凄く面白かったので、製作秘話について伺いたかったです。
逆に石油さん、tentoさん、あたりめさん、ぴけさん、coinさん、創造神司さん、まむ9さん、Rttさん、ねくらさん、ハトヤさん、きのきのさん、早川さん、tohさん、どらおさん、あるぅさん、アカリさん、K-shinさん、アトハさんは結構話したり遊んだりして頂いてとてもありがたかったです!
今回あまりお話できなかった方は私のコミュ力不足のせいで尻込みしてしまい申し訳ないです。次の機会には是非お話させて下さい!

■うでぃおふ行こうかどうか迷ってる方へ
参加者の立場からアドバイスしてみます。

Q.オフ会初めてだけど大丈夫?
A.初めての方沢山います。最低限のマナーさえ守っていれば全く問題ないと思います。

Q.話すの苦手だけど大丈夫?
A.運営の方がコミュニケーション取りやすいようアイスブレイクなどの場を設けていてくれていますし、アナログゲームなどを通して仲良くなったりもできるので大丈夫だと思います。私も話すの苦手ですがどうにでもなりました。

Q.あまり自作品が有名じゃなくても大丈夫?
A.結構皆さん作品のことなどはあまり気にせず交流していた印象です。素材専門の方、まだ作品を公開していない方、そもそも殆どウディタ使ってない方などもいますし気にする必要はないと思います。私のような末端作者でも大丈夫でした。

Q.ライトニングトークは出た方が良いの?
A.勿論出なくても大丈夫です。でも私は今回出たことで覚えて頂いた方がいたので出て良かったと感じました。可能なら行った方が良い経験にもなるかなと思います。

Q.平均年齢はどれくらい?
A.20〜30代の方が多かったように感じます。ですが年齢はあまり皆さん気になさらずに接していたように思いました。

Q.女性でも大丈夫?
A.個人情報なので特筆は避けますが女性の方も多数いらして女性同士で話し合ったりもしていましたし、男性との会話が苦手な場合でもそれほど問題なく交流できるかなと思います。

Q.お酒飲めなくても大丈夫?
A.お酒は飲みたい人だけが飲むという感じでしたので全く問題ないと思います。飲むのを強要する人もいないです。

Q.どういう人にオススメ?
A.ウディタについての話をしたい方、大人数でアナログゲームをやりたい方、ゲームや素材の宣伝をしたい方、ウディタ使い同士で交流の輪を広げたい方、製作のモチベを上げたい方などでしょうか。

Q.その他気をつけたいところは?
A.自由に話し合いできる時間は長いようであっという間なので、誰にどんな話を聞いてみたいかなど予め決めておいた方が良いかもしれません。後で後悔するパターン非常に多いです。それとそのきっかけ作りとして名刺を作っておくことをオススメします。あとレポ書きたい方は逐一メモした方が良いです。私はしていなかったので全然思い出せず苦労しました。

■最後に
2日間ほぼフルで参加させて頂きましたが、ずっと楽しくてとても貴重な経験になりました。
運営の方々、一緒に遊んだりお話して頂いた方々、本当にありがとうございました!無事大きな問題もなく皆さん楽しんでおられて企画は大成功だったと思います。


category: 雑記

tb: --   コメント: 0

うでぃおふに参加してきました  


ウディタ関係者のみによるオフ会、うでぃおふに参加させて頂きました。
凄く楽しくてためになることも多く、本当に参加して良かったなと思いました。
せっかくなので覚えているうちに今回参加して下さった方とその作品について簡単に述べさせて頂きます。身内ネタになってしまうので、興味のない方は見ない方が良いかもしれません。


tohさん
とにかくプログラミングについて非常に強い方で、資格も沢山持っておられました。パンケーキにグラハム数を書いたときは底知れぬ恐怖を覚えました。当日最初に出会った方でおかげ様で緊張が和らぎました。
作品:音ゲーの体験版のような何か
円を描くというデザインが魅力的な音ゲーでした。直感的に分かりやすいインターフェースで難易度もそこまで高くない(私はDランクでしたが……)ので万人に楽しんで頂けるゲームになると思います。システム勢らしくタイミングの同期は完璧なようです。ウディフェスに出展する予定とのことなので楽しみにしています。

coinさん
とても打ち解けやすい方で、こういった催しに初参加の私にも楽しく話して頂けました。自作品に対する思いが深く、恐ろしいボスを作る一方でUIにも気を遣うなどフリーゲーム作者として見習うべき点が沢山ありました。
作品:アルセカストーリー2
オープニングの演出が良くてワクワクさせられました。スキップ機能などの配慮は良いですね。
その最中に文章がスクロールするのですが、背景が白い場所に差し掛かると少し字が見辛くなるかもということで縁取りを提案されていました。こういった点は意外と作者本人では気付きにくいのかもしれません。
キャラチップと方向が合ってないのはウディタではあるあるですね(笑)
前作と異なり基本システム2をベースに拡張するようなので、より幅が広くて戦略性の高い戦闘が期待できそうです。

ベルビィさん
ユーモラスでありながら恵まれない子供達に寄付をする慈悲深さも持ち合わせた方でした。実は他の方の作品にかなり的確な指摘をしていて凄いなと思いました。唯一私の作品を知っておられた方でとても嬉しかったです。わざわざ大きなモニターを持ってきて下さりありがとうございました。
作品:ネームエントリー2
自動戦闘だった前作とは全く異なったシステムで、戦闘に力を入れているようでした。また物語もより本格的かつ壮大になるかもとのことで非常に楽しみにしています。キャラに付ける名前によって属性が変わるというシステムはタイトルと合っててとても良いなと思いました。

Strayひろまさん
Healer's yellの製作者で、盛り上げ上手な方でした。ウディタに詳しいのは勿論、その他にも有意義な話や面白い話を聞かせて頂きました。いきなり狼占ってしまったのはすみませんでした。
作品:タイトル見逃しましたごめんなさい
クォータービューのゲームで、グラフィック面に拘りが感じられる作品でした。特に戦闘画面の演出が凄く格好良かったです。チュートリアルも丁寧で、完成したら面白い作品になる予感がプンプンしました。

神崎真波さん
ノリが良くて空気の読める接しやすい方で、女子力の高いパンケーキを作っておられました。たまに少し怖い一面が見え隠れしていましたが、根は優しい方だと思います。長編ゲームでの完成品はまだないようでしたが、確かな技術力と画力をお持ちで今から完成品が楽しみです。最後までお付き合い頂いてとても親近感が湧きました。

ぺりぃは方位磁石(石油王)さん
ためになるブログを作っておられて、ウディタに関する質問を受け付けていたり知識量の多い方です。今はUnityに浮気気味のようですが、石油トゥーンという作品をウディタで計画中とのことです。とても話し上手でネタも豊富で周りから好かれてるのが伝わってきました。二人人狼で勝利したときは嬉しかったです。

ふつかさん
ウディタ作品の実況をよくされている方で、ウディコンやウディフェスの宣伝もして下さっています。今回一番の功労者で、企画や場所確保や設備の用意や二、三次会予約や人集めなど全て担って頂いてしまいました。本当にありがとうございました。誰も触れていませんでしたが、途中生放送をすることになったときの聞きやすい声量と分かりやすい説明や解説はさすが実況者と感じさせられました。とある野望をお持ちのようでしたが、可能な限り是非サポートさせて頂きたいと思いました。


その他に、Skypeからケースヶさん、桟橋さん、空梨歩さんに参加して頂きました。皆様面白いゲームを製作しておられる方々です。


楽しいだけでなく勉強にもなって交流も深められるのでとても良い企画でした。改めてありがとうございました。
中でも特に、普段まず出来ないようなウディタのあるある話やどうすれば面白くなるかなどの製作者目線の語り合いが出来たのが非常に良かったです。
改めて自分を見直すと、ストーリー苦手、演出苦手、画像苦手、バランス調整苦手、UI苦手とメゲそうになりましたが、だからこそもっと頑張らなきゃなと思いました。
次回は3月中旬辺りを予定しているとのことなので、ウディタで作品を作られている方やまだ完成していない方も余裕があれば是非参加してみて下さい。きっと損はしないと思います。

category: 雑記

tb: --   コメント: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

▲ Pagetop